忘れてしまうには惜しい “なにか”

それでもきっと忘れるから…私は“なにか”をここに「貼る」!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まほうのはっぱ

楠。
「まほうのはっぱ」をつける樹。

・・・昔、気管支が弱くていつもゴホゴホ咳込んでいた私に、幼稚園の園長が教えてくれた。
「この木の葉っぱをクシャクシャ揉んで、匂いを嗅いでごらん」

それが、樟脳の香り・・・と知ったのは、また後のこと。
スーッとした香りで、なんとなく、楽になった。
それから、この樹は、この葉は、私の中で少し特別扱い。


二十数年ぶりに、一枚失敬して、「まほうのはっぱ」の香りを嗅いだ。
ふふ。やっぱり変わってないね。
私は好きだよ。
咳き込む事は少なくなったけどね。


まほうのはっぱ
(楠:Cinnamomum camphora)
スポンサーサイト
  1. 2005/09/04(日) 22:23:12|
  2. ショクブツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<計算? | ホーム | 水の感触>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://microtov.blog18.fc2.com/tb.php/63-a2c0a2c1

micro

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。